生酵素を飲むタイミングとは?効果的に摂取する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


体の健康を維持するのに効果のある「生酵素」。
生酵素は栄養素の分解を助けたり、エネルギーを生成したりするのに必要なものです。
生酵素を含むサプリは、コンビニなどでも気軽に買え、とても摂取しやすくなっています。
毎日をパワフルに過ごすために、積極的に摂りたいですね。

そんな生酵素ですが、いつ飲んでも効果が出るというわけではありません。
生酵素の持つパワーを最大限にまで引き出すための、一番効果の出やすいタイミングがあります。

生酵素の効果的な飲み方について、詳しく解説していきます。

目的別でタイミングを変える

健康維持とエイジングケア:朝食前

健康維持やエイジングケアが目的なら、朝食前がおすすめです。
酵素は消化を手助けする働きがあるので、朝食を食べ過ぎてしまっても、しっかりと消化を促してくれます。
また、エイジングケアにはデトックスが重要になってきます。デトックスの時間は、大体明け方から正午くらいまでだと言われています。朝食を食べることで消化器官の動きがよくなり、体内の老廃物を排出しやすくなります。せっかくのデトックスタイムですから、そういう時こそ酵素を摂取して、効率よくエイジングケアをしていきたいですね。

他にも、朝飲むことに利点があります。
毎朝に必ず飲むと決めておけば、うっかり飲み忘れてしまうということがありません。
また、朝は通学や出勤などで体を良く動かすため、代謝が良くなります。体内の毒素や老廃物を排出するにはもってこいのタイミングです。

ダイエット:運動前

ダイエットが目的であれば、運動前に飲むのがベストです。
運動をすると代謝が上がりますが、そこに酵素のパワーがプラスされることにより、脂肪燃焼効果が大幅にアップします。飲むタイミングを意識するだけで、ダイエットの結果が大きく変わってきますね。

食欲を抑える:食中~食後

食欲を抑えたいなら、食中(食事と同時)か、食後に飲むようにしましょう。
酵素を飲むと、満腹感が増し、食べ過ぎを防止することに繋がります。
ただの食べ過ぎを防ぎたいだけでなく、食事量を制限するダイエットをしているなら、そちらの方にも効果がありそうですね。

便秘の解消:寝る前

便秘を解消したいなら、寝る前に飲むのがおすすめです。
軽い便秘であれば、朝飲むだけでも効果があります。しかし酷い便秘の場合は、朝に飲んでもあまり効果的ではありません。
寝る前に酵素を飲むと、眠っている間に体の代謝が良くなり、消化機能が活発になります。そして、翌朝には自然に便意を感じるようになります。

酵素の種類別にタイミングを変える

酵素には種類がある

酵素は、実は2つの種類に分けられます。
ひとつは「麹菌酵素」、もうひとつは「植物発酵酵素」です。
それぞれの特徴が違うので、飲むタイミングも変わってきます。

麹菌酵素の特徴

麹菌酵素には30種類以上の酵素が含まれています。酵素の種類がとても豊富です。
ただしビタミンやミネラルが少ないので、代謝に関わるサポート力が弱めです。
生きた麹菌を含むサプリであれば、体内に入った食品を、麹菌が出す酵素が分解してくれます。

植物発酵酵素の特徴

植物発酵酵素は、麹菌酵素に比べると、酵素が弱めです。
ですが、ミネラルやビタミン、アミノ酸が豊富で、代謝に関わるサポートに向いています。

それぞれの飲むタイミング

麹菌の出す酵素はとても強力で、食品を分解するのに向いています。食べ過ぎが気になる場合は、麹菌酵素を食事の前に飲むといいでしょう。
植物発酵酵素は、代謝に関わる力が強いので、運動前や寝る前に飲むと効果が発揮されやすいでしょう。
生酵素サプリの中には、麹菌酵素と植物発酵酵素の両方が含まれているものもあります。飲む時間を細かく意識する余裕のない人は、両方が含まれているサプリを試してみましょう。

飲み物にも注意

生酵素は、タイミングも重要ですが、サプリを飲むときの飲み物にも注意が必要です。
飲み物によっては、せっかくの酵素の働きが弱まってしまうことがあります。

生酵素は、熱に弱いという特徴があります。酵素の働きを弱めないために、温かい飲み物ではなく、できれば冷たい飲み物で飲むようにしましょう。
また、コーヒーや紅茶などに含まれる、カフェインにも注意が必要です。せっかく酵素を飲んでも、カフェインの分解をするのに酵素が使われてしまいます。カフェインを含まない 飲み物を選ぶようにしましょう。
毎日こつこつと続けることが大事なので、何回か飲んですぐにやめてしまったり、数回分を一気に飲んだりするのは避けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*